EyeFiがKeenaiに変更!アプリ名も変わったけど一体何が変わったの?

keenai アプリ

EyeFiからKeenaiに変更になった訳とは

eyefi PNG
アメリカのEye-Fi,Inc.がEyefi事業を売却する事になった為、日本法人アイファイジャパン株式会社は2016年8月31日で会社解散となった事が原因となります。

会社解散となりましたがEyefiクラウドについてはリコーの子会社が継続して対応してくれるとの事なので、Eyefi mobi proを使用している自分にとってはホッとしました。今後については東芝がEyefi社とライセンス契約を結んでおり東芝のFlashAirシリーズでこれまでのEyefimobiアプリやクラウドが使用出来るとの事です。

変更内容(公式サイト案内)

EyeFiからKeenaiに変更になった旨がEyefiの公式サイトに掲載されています。

◆ブランド、アプリ、クラウド名称のみの変更となります。
◆モバイルアプリやWEBアプリの使い方は、これまでと同じです。
◆Eyefi Mobiアプリはもうありません。Playストア、AppStoreで「Eyefi」と検索すると、「Keenai」アプリがヒットします。
◆11月18日(金)ごろからのアプリの自動アップデートでMobiアプリは「Keenai」にアプリが切り替わります。
◆既にお持ちのEyefi Mobi/Mobi proカードは、変わらずお使い頂けます。
◆既にご登録済みのEyefクラウドアカウント、有効期限、保存済みの画像もそのままお使い頂けます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

keenai desktop transfer

これまでEYefi mobi desktop transferだったものが、アップデートするとkeenai desktop transferに変更になりました。特にバージョンアップして目立って不具合はない状態となっています。

keenaiクラウド

Eyefi Cloudが名称変更してkeenaiクラウドに変更になっています。こちらも自動的に変更になっているのではじめは一体何かと思いました。同様に不具合は特に感じていません。

Keenaiに変更になって

簡単にまとめると、これまでとアプリ名、クラウドなどのサービス名は変更になるけど実質これまでと同じと思ってよさそうです。またまた安心しました。

こちらがKeenaiの公式サイトとなります。

iPhone用アプリとAndroid用アプリ

iPhoneアプリとAndroidアプリ、両方がリリースされています。下記からダウンロード可能となっています。

Keenai

Keenai
開発元:Eye-Fi, Inc
無料
posted with アプリーチ

まとめ

keenai アプリ
生活になくてはならなくなっているEyefiのサービスだったので事業売却されて今後はどうなってしまうのかと思っていましたが、これまでと同様のサービスが継続されるとの事だったので本当に安心しました。

現在、家族全員のカメラ、スマホで撮影された画像は全て自宅のwifiを使用してEyefiクラウドに自動的にアップされる設定にしているので、便利という言葉以外では表せないものとなっています。

スポンサードリンク
最後まで御覧頂きありがとうございます。フォローして下さるとすごく喜びます(^O^) 
keenai アプリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です