サンプ(フィルトラン)のウールマット交換実施しました。

ウールマット交換
バイオペレットリアクターを11月1日に設置してから初のウールマット交換となりました。

ウールマット交換

ウールマット交換ですが水槽を立ち上げてからは基本的に1週間に一度のペースで交換をしています。魚が多いので汚れるのも早く、早め早めの交換を心がけています。

ウールマットの汚れ具合

こげ茶色部分がバイオペレットリアクターからの水で、黄土色部分が水槽からの水となります。どちらも1週間ですがかなり汚れていますね。
ウールマット交換

使用しているウールマット

ウールボックスの中は一番下は高密度のウールマットでDCM高密度ウールマットを使用しています。60cm水槽用上部フィルター交換マットで、これを半分に切って2枚にして設置するとちょうどピッタリに収まるサイズになります。
ウールマット

スポンサードリンク
スポンサードリンク

高密度ウールマットの上には格安で購入したこのウールマットを2枚重ねにして使用しています。川口のモンスターアクアリウムで200円もしないぐらいだったような気がします。でもこのウールマットももうなくなりそうなので新たに購入しなくては。
ウールマット

高密度と通常のウールマットの違い

高密度と通常のウールマットの違いはスカしてみるとわかります。
高密度ウールマット
高密度ウールマット

持った感じの重さも違いますね。格安ウールマットがなくなったら、高密度ウールマットだけにしてもいいかもしれません。高密度といってもそれほど高密度な感じはしないので、それを3層に敷いて次回は試してみます。

ちなみにDCM高密度ウールマットは6枚入りで491円となり、すべて高密度ウールマットにすると1回当たり3枚使用する事になるので約245円/回になりますね。毎週交換するとなると月にウールマット代が約1000円かかるって事になりますが、これは高いのか、安いのか。個人的には高いと思いますので少しでも安くしたい所ですね。

スポンサードリンク
最後まで御覧頂きありがとうございます。フォローして下さるとすごく喜びます(^O^) 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です