QNAP TS-212でHDDエラー発生!発覚からHDD交換方法、完了まで完全解説

QNAP TS-212

TS-212 HDD交換
昨年の2月にQNAPのNASであるTurbo NAS ホワイト TS-212のセットアップをして運用していたのですが、先日HDD1にエラーが発生しているのに気付き、HDD交換作業を実施しました。自身の備忘録としてもアップしておきます。

TS-212 HDDエラーの状況

発生した時の状況はこんな感じでコントロールパネルでエラーが発生していました。
TS-212 エラー

内容の部分を見てみると「[Mirror Disk Volume:Drie 1 2] Drive 1 failed.」となっていました。これってHDD1にエラーが出ている、つまり壊れたって事ですよね。。。あ~
TS-212 エラー

セットアップしてから約1年半でのエラーだったのでちょっとショックでした。案外持たないな~っていうのが実感です。ま~はずれのHDDにあたったのかもしれませんが。

QNAP TS-212本体は、エラーを表す赤色にHDD1部分がなっていました。
QNAP

でもRAID1で構築していたので、こういった時は本当に助かりますね。エラーが出ているHDDを交換すれば、自動的にもう1台の生き残っているHDDを全てコピーしてくれるので。

RAID1
同じ内容を2つのHDDに同時保存する事。1台のHDDは壊れても、もう1台にデータは残っている状態。

交換に使用したHDD

早速セットアップに使用したHDDと同じものを購入して交換準備に取り掛かりました。
WD20EFRX

購入はいつものAmazonです。使用したHDDは2TBのもので、WD Red 3.5inch IntelliPower 2.0TB 64MBキャッシュ SATA3.0 WD20EFRXを2台使用しました。1年半前に購入した時が9872円で今回が9580円だったので価格はほとんど変わっていないですね。
WD20EFRX

スポンサードリンク
スポンサードリンク

TS-212のHDD交換方法

このTS-212はホットスワップには対応していなかったので一度電源を切ってからHDDを抜き交換します。それだけでOKなので作業自体は非常に簡単です。

ホットスワップ
電源を入れたままHDDなどのパーツを交換する事

交換するにあたり一番悩んだのが2台のHDDでどちらがHDD1なのかがわからなかった事でした。オンライン上のマニュアルやHPを色々と検索しましたが結局わかりませんでした。

という事でデータのバックアップをさらにとり、はじめにセットするHDD(TS-212で下画像の状態で下部の方)がHDD1であると仮定して交換作業を行いました。

結果として大正解!下に位置するHDDがHDD1であり問題なく交換する事が出来ました。
QNAP TS-212

新しいHDDをセットし、電源を入れると自動的にミラーリングが始まり、再構築してくれます。
TS-212 エラー

データ量が1.4GBぐらいあったので、再構築されミラーリングが完了するまでに1日以上かかりましたが無事に完了しました。

番外編 掃除は定期的にしないとですね

こんな状況になっていて驚愕しました。底面の空気穴です。
TS-212

カバー部分にもホコリが付着していました。
DSC03377_R

スポンサードリンク
最後まで御覧頂きありがとうございます。フォローして下さるとすごく喜びます(^O^) 
QNAP TS-212

2 件のコメント

    • passoさん
      おはようございます。コメントありがとうございます。
      記事がお役に立てたようで何よりです。わざわざ、ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です